いろんなクリアファイル

ビジネスで使われやすいクリアファイルとは

色々なタイプのクリアファイルがある

無地タイプから印刷されたタイプまで

ビジネスアイテムとして必需品とされるのがクリアファイルです。
クリアとついているだけあって基本的には透明の素材でできているので、文書などを挟んでもファイルを通しても見えるようになっています。
挟んでおくと、他の文書との区別がつきやすくなります。
その他折り目などもつきにくくなるので、契約書などの大事な書類を持ち歩くときなどにも使えます。
最もシンプルなのは無地タイプですが、それ以外に一定の印刷を施したものもあります。
企業名を印刷したりもできますし、キャラクターや模様などを印刷したものもあります。
印刷があっても、あるていど透けて見えます。

ビジネス向けにワンポイントの利便性

クリアファイルは、通常は2枚の薄いプラスチックを重ねたタイプになります。
縦と横の一方のみが開くようになっているので、用紙を入れやすく取り出しやすくなっています。
ビジネスで使うことが多いですが、もう一工夫あるとさらに便利になり、それを実現したものもあります。
見積書をまとめて提出するとき、一緒に名刺を渡すときがあります。
名刺だけサイズが異なるので入れるのが難しいですが、名刺ポケットが付いたタイプならきちんと収まります。
その他固定するための器具がついえ入るものもあります。
きちんと固定できれば、落としたときにばらばらになりにくいです。

持ち運ぶのを前提に作られたタイプ

書類をまとめるのに便利なのがクリアファイルです。
通常はA4用紙がぴったり収まるものが多く、引き出しなどに収納するときに便利です。
ビジネスバッグにいれて使う人もいるでしょう。
一方で、社内で会議などがあるとき、文書だけを持ち歩いて移動する人もいます。
一般的なクリアファイルだと、落としたりしたらバラバラになりやすいです。
少し変わったタイプとして、封筒のようになっているものがあります。
上の部分だけが開いているので、そこから文書を入れます。
その他入れる部分に取っ手が付いていて持ちやすくなっているものもあります。
文書を持っての移動がしやすくなります。
クリアファイルといえば、通常はプラスチックのようなビニールのような素材になっています。
オフィスなどでよく使われ、事務用品として無地のものを大量にストックしているところもあります。
非常に便利なので、景品などとして作るときもあります。
展示会などをするとき、資料を入れて渡すとき、名入れなどをしておけば宣伝効果もアップします。
普通に名入れをしてもいいですが、せっかくならより目立つ方がいいでしょう。
少し変わったタイプとして、和紙調のものやフエルト調のものがあります。
高級そうに見えるので、より広告効果が上るかもしれません。

人気記事ランキング