粗品にはクリアファイル

ノベルティ・ギフトにオリジナルクリアファイル

企業での利用や顧客への粗品等に向いているクリアファイル

顧客への粗品に広く使われる社名入りの定番型

クリアファイルは書類などの用紙をまとめて保管するのに、家庭やビジネスの場で使える範囲が広くもらっても困らない文房具です。
プラスチックで作られるため価格が安く、透明で無色の物から色つきの物まで企業のテーマカラーに合わせて選択することができるので、販促品としても使え、お客様への年末年始の挨拶やちょっとした粗品としても利用しやすいです。
イラストやロゴマークなどを入れることもできますが、シンプルに社名を印刷することも可能です。
クリアファイルの素材も最も利用されることの多いポリプロピレン製はもちろん、環境に配慮した再生素材を指定することもできます。
法人相手の粗品として渡す場合には、名刺を入れられるポケットを付けたり、穴開け不要で書類を綴じられたりするタイプも喜ばれるでしょう。
サイズは書類の様式で使われることが多いA4サイズが好まれる傾向にあります。

特別なお客へのノベルティグッズとして

特定の顧客に贈る企業のキャラクターなどが印刷された物や、個数限定で先着のお客に渡すクリアファイルをノベルティグッズとして使うのであれば、特殊素材で作られた物がおすすめです。
定番のポリプロピレン製でも印刷ができますし、異素材でもカラフルな色彩表現のプリントが可能です。
手触りが他にはない物で珍しいことから顧客の目を引くこともありますし、加工が優れていて見た目が美しいのも特徴です。
種類としては、和紙のような物は手触りが優しく、高級感が出せます。
フエルト調のタイプは手触りがふんわりと暖かい感じがし、寒い時期に好まれるでしょう。
特殊な加工としては、見る角度によって絵柄が変わったり立体的に見える物があり、凝ったデザインを元にして作る場合に向いています。
きらきらした光沢がある加工は、花火のイラストなどの光沢を感じやすいデザインや目立たせたいデザインがある場合に選択するといいでしょう。


イベントや展示会があった場合は、ある程度書類をまとめて来場者に渡すことがあります。
エコバッグを用意する所もありますが、薄手の書類であればクリアファイルでまとめて配布した方がかさばらずに持ち運びがしやすくなるでしょう。
手提げや封筒タイプのクリアファイルもありますので、積極的に利用することをおすすめします。
マチ付きで多くの書類や厚みがある冊子などが入るタイプもありますし、配布する時には手提げが付いていても、後から利用する場合には手提げ部分を取って、通常のクリアファイルとして使えるタイプもあります。
手提げや封筒としても使え、穴が開いている部分をフックなどで引っかけてポケットファイルとしても利用できる、多目的タイプもあります。

子供に喜ばれ使われるクリアファイル

子供向けの景品や販促商品として使う場合は、キャラクター商品が付いているクリアファイルもいいでしょう。
ランドセルにそのまま入るサイズの物もおすすめで、縦型でインデックスが付いたタイプであれば見やすいですし、間仕切りを付けて用途ごとに入れ分けることも可能です。
外側にベルトがあり、ペンホルダーが付いていればペンの落下防止が防げます。
薄いノートを入れて好きな時にメモをすることもできます。
ノートカバーになるタイプであれば、よく使うノートの傷みも防げるでしょう。
直接鉛筆で書き込みができるタイプも、繰り返し書いて消すことができお絵かきが好きな子供に喜ばれます。

人気記事ランキング