クリアファイルの良さ

書類をまとめやすいクリアファイル

なぜか買ってしまうクリアファイルの使いみち

使って便利なクリアファイルです

書類をまとめる際にまとめるのに

会社で様々な書類をまとめる際に、大抵の人はクリアファイルを使う事が多いです。
確かにかさばる書類はまとめたいものです。
書類をまとめるのであれば、バインダーや封筒でも良いです。
しかし、バインダーは結構分厚く重たいですし、必要な書類を直ぐには取り出すことが出来ません。
同じく封筒も同様です。
封筒はバインダーと違い重たくありませんが、外からは何が入っているのかわかりません。
しかし、クリアファイルであれば透明な物であれば外から見る事が出来ますし、必要な書類があれば直ぐに取り出すことが出来ます。
この点が使い勝手が良いといえます。
値段も百円ショップで販売されているほど安価ですので、誰でも直ぐに手に入れる事が出来てしまいます。

景品に使われる事もありますので

このクリアファイルですが、たまにイベント会場などで頒布されている事があります。
その中には、協賛社のチラシが入っている事があります。
これは、書類だけの頒布ですと受け取ってもらえませんし、受け取るほうもかさばってしまいます。
それでしたら、クリアファイルにまとめて配ったほうが効率良いと考えついてこのような事をしています。
配るファイルには、そのチラシの企業の広告がプリントされていますのでそれだけでも十分な広告効果があります。
配られたクリアファイルにもらった人が目がいけば、企業側が思っていた通りの結果になりえます。


クリアファイルは、だいたいはポリプロピレンというプラスチックでできています。
生産するのに、このポリプロピレンシートをそれぞれの大きさに合わせて裁断していき、その裁断したものを張り合わせて生産します。
ポリプロピレンの一枚当たりの原価はかなり安いので、これを加工して販売するとなると原価率はかなり安くなります。
それを108円で販売すれば十分な利益を得る事が出来ます。
その為、クリアファイルは製造して販売する会社にとりましては重要製品となります。
さらに、それに印刷するとなれば印刷代も含みますのでさらに会社の収入アップにつながります。

カラーバリエーションもいろいろとあります

クリアファイルは透明な物しかないと思われているかもしれません。
しかし、意外な事にカラーバリエーションは豊富ですので選びようがあります。
自分の好きな色を買うのもありです。
使う用途に合わせて色を統一してみるのもありですし、全て同じ色で合わせてみるのも人それぞれです。
最もクリアファイル自体が安いですので、まとめ買いしてストックしておくというのも十分ありです。

人気記事ランキング